即日でお金を借りるカードローンのお得度ランキング

何とか今日中にお金を借りたい、という即日融資を希望する方に最適なカードローンをご紹介します。

 

ネットでの申込から融資までの時間が短く、その他のお得なサービスが付いている大手の優良カードローンを厳選しているので参考にして下さい。

 

お得度ランキングの選考基準

「金利負担の少なさ」「即日融資のスピード感」「審査のハードル」「返済のしやすさ」を元にランキングにしました

 

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループとして消費者金融系では最大手の安心感と実績があります。
申込んでから審査が終わるまで最短で30分という業界で最速のスピードで、審査に通れば最短1分で指定の口座に振込融資が完了します。また、初めて利用する人には、30日間の無利息サービスがあるのは大きなポイントです。

即日でお金を借りるのに確認しておきたいこと

1回でも審査に落ちると即日融資の道は閉ざされる!?

審査落ちは即日融資には厳禁!

審査に落ちてしまうと、また最初からカードローン会社を選んで申し込み…というステップを踏まなければいけません。当然ですが、時間のムダになるので、当日中にお金を借りられる確率が下がってしまいます。

 

また、審査に落ちたという事実は信用情報に記録されます。当然、次に申込んだカードローン会社もその記録を見ることになるので、場合によっては返済能力を疑問視される判断材料となり、再び審査に落とされてしまうこともあります。

 

審査内容や基準についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのページを参照して下さい。

 

そこでぜひ活用したいのが、カードローン会社が用意している「事前審査」です。
これはネット上で「職業、年収、他社での借り入れ状況」を入力するだけで、融資が可能かを自動で審査してくれるものです。※仮にこの事前審査に落ちたとしても、信用情報には記録されないので気軽に利用できます。

 

この事前審査を活用して、あらかじめ自分が審査に通りそうかどうかを知っておくことで、無駄な審査落ちを防ぐことができます。

 

しかし一般的には審査落ちの保険をかけて2社までの同時申込ぐらいであれば、金融会社もそこまで問題視はしないとされています。即日でお金を借りる確率を最大限にアップさせるのであれば、同時申込は2社を目安にしておきましょう。

 

実は消費者金融のほうが金利が低い!?

消費者金融の無利息サービスはお得

銀行系は審査が厳しいけど金利が低く、消費者金融系は審査はやさしいけど金利が高い。というようなイメージを持っている人も多いですが、これは半分正解で半分間違いです。

 

カードローンの金利は10%〜18%などのように、各ホームページ上でも開きのある金利が表示されています。これは貸し付け金額によって金利が変わるという要因もありますが、実はそれ以外に「人によって金利が変わる」ということを知らない人が多いんです。

 

たとえ融資希望金額が同じでも、その人の信用状況によって金利は異なります。また、新規の申し込みの場合は、その人の返済力を見極めるためにも高めの金利が設定されることが多いです。(→詳しい解説は金利のページを参照)

 

つまり、「低金利を狙って銀行系に申込んだのに、実際の金利はホームページに表示されている上限金利だった」というケースも十分にありえます。

 

一方で、金利が高いとされている消費者金融ですが、大手の中には「一定期間は金利ゼロ」というサービスをしているところもあります。(例:アコムやプロミスは30日間無利息サービス有り)

 

こうした消費者金融を利用することで、結果的には金利の負担は銀行系と大して変わらないということもあります。また、この金利ゼロの期間に全額返済してしまえば、金利負担はゼロ円で借り入れをしたことになります。

 

銀行系だから一概に低金利でお得!とは言い切れないということを頭に入れておいて下さい。

 

特に、新規の申込の場合には高めの金利が設定されるのが一般的だということを知らない人も多いので、予備知識として覚えておいて損はないですよ。

 

時間によっては振込は翌日に!?

一般的には14時前後までに審査が終わっていないと、振込は金融機関のシステムの都合上、翌営業日となってしまいます。しかし楽天銀行などのネット口座を持っていれば、大手の場合は営業時間内であれば振込みに対応してくれます。

 

通常の銀行口座の振込時間のリミットでもある14時を過ぎてしまった場合には、金融会社が設置している「無人契約機」に足を運べば夜でもお金を借りることができます。多くの無人契約機では21時ごろまで営業しているので、その場でローンカードを受け取ってATMで現金を引き出すというように、仕事が終わった後からでも即日融資が可能です。

 

無人契約機から直接申込むこともできますが、ネットから予め申し込みをしておいてから無人契約機に行くほうが時間の短縮になります。

 

既にカードローンを利用しているとNG!?

今現在、他社のカードローンを利用していて返済中だけど、ちょっと現金が必要になった!という人の場合、少し注意が必要です。

 

まずは「総量規制の対象金額を超えていないか」をチェックしましょう。改正貸金業法で定められた総量規制は、多重債務者の抑制の為に年収の3分の1以上のローンが組めないように規制をする法律です。

 

自動車ローンや住宅ローン、銀行系カードローンなどは対象となりませんが、消費者金融系や信販系のカードローンは総量規制の対象となります。

 

自分がこれから申込むカードローンが、この総量規制の対象となっているのか?また、自分がどれだけ総量規制の対象内での借り入れを行っているのかを確認しましょう。

 

ただし、仮にカードローンで70万円の借り入れをしていても、特に問題視されるのは「借り入れ件数」です。

 

1社から70万円を借りているのと、2社から35万円ずつで合計70万円を借りているのとでは、審査に用いられる信用情報の観点からすると全くの別物となります。

 

1社から借りている場合には、「70万円分の信用力がある」と判断され、2社から借りている場合には、「35万円分の信用力しかない」と判断されてしまい、同じ借り入れ金額でも借り入れ件数によってその信用力は大きく異なってしまいます。

 

他社で1件程度の借り入れ中であれば、特に審査に響くような重大な問題とはなりません。一般的に4社以上の借り入れ件数がある場合は、審査に落とされてしまうことが多いようです。