グレーゾーン金利と過払い金請求

お金を借りる際に無くてはならない金利ですが、「利息制限法」「出資法」という2つの法律によって定められています。

 

しかし2010年6月より前は、この2つの法律の上限金利に違いがありました。(現在は改正されています)

 

「利息制限法」の上限金利:年20%
「出資法」の上限金利:年29.2%

 

利息制限法の20%と出資法の29.2%の間が、グレーゾーン金利と呼ばれていました。

 

どちらも国が定めた法律なのに、その上限が異なるというあってはならない矛盾点が存在していたのです。

 

しかも厄介なのが、利息制限法に違反しても刑罰の対象とはならず、出資法を守っていればOKという状態が続いていたのです。(※出資法を違反すると懲役刑や罰金が科せられます)

 

当然、貸金業者側からすれば利益となる利息は高く設定できるに越したことはありません。しかし、債務者としては上限の29.2%の利息を払い続けるのは、金銭的に苦しいはずですよね。

 

その為、返済が間に合わずに新たに借金をしてしまう多重債務問題、どうにも資金繰りが追いつかなった末の自己破産といった、社会問題が増えていきました。

 

そうした社会問題を是正する為に、2010年6月に出資法・利息制限法が改正されて、どちらも上限金利20%という同率となりました。(→金利についての詳しい解説はこちらを参照)

 

つまり、今は昔よりも金利が下がったというわけです。

 

法改正前の利息を払っていたお金を返して!

2010年6月の法改正によって、国が上限金利に対する新たな基準を作ったことになります。

 

しかし今まで高い金利で返済をしていた人からすれば、「私が返済しちゃった分はどうしてくれるのよ!」となりますよね。国の指針が変わった(矛盾点を是正した)訳ですから、不平不満が出てくるのも当然です。

 

そこで登場したのが、「昔の上限金利(グレーゾーン金利)で余分に払っていた利息を返還してもらおう!」というのが、過払い金請求というものです。

 

テレビのCMなどで「払いすぎた利息を取り戻しませんか?」というフレーズを見聞きした人も多いと思いますが、それが過払い金請求です。

 

ただし貸金業者に行って「過払い金を返してください」と言ったところで、すんなりと返してくれるわけではありません。

 

所定の手続きを踏む必要があるので、弁護士や司法書士など専門家に依頼しないとほぼ不可能です。

 

また、この過払い金の返済には「完済から10年まで」という時効があったので、法改正以降、この過払い金請求のブームが起こりました。

 

■過払い金請求の対象となる人
2010年6月以前に上述のグレーゾーン金利でお金を借りていた人

 

もしグレーゾーン金利で借金をして返済をしていたのであれば、時効前に今一度確認してみることをオススメします。