カードローンの審査の内容と重視される項目

カードローンを利用するにあたり、まずは審査を受ける必要があります。

 

申し込みをして、審査を受け、その審査が通らないとカードローンを使用することができません。ではその審査とはどんなものなのでしょうか。

 

返済能力を重視する

審査の目的は、貸したお金が実際に戻ってくるのかどうか、その人の支払い能力を見る為のものです。

 

カードローン会社も、お金を貸すことだけが目的のボランティア団体ではありません。金利を乗せて貸したお金が返ってきて、それでやっと利益が出るわけです。利益が出なければ会社は倒産してしまうので、結果として私たちがカードローンを気軽に利用できなくなってしまいます。これでは誰も得をしませんよね。

 

ですので、きちんと返済能力がある人なのかどうか、といった審査をまず受けることになります。

 

審査の基準

審査の基準はというと、まずはきちんと一定の収入があるかどうか、といったところは最低条件です。定職についており、勤務年数が長ければ長いだけ信用度は増します。反対に定職についていなかったり、収入が安定しないような場合は審査が通りづらいケースもあります。

 

主婦やフリーターなどは審査が通らないケースもありますが、主婦やフリーターを対象としたプランを用意しているカードローン会社もあります。

 

信用情報は収入だけではなく、基本的な個人情報と過去の借り入れ歴や返済歴なども見られます。また、身元確認とそれぞれのカード会社独自の審査基準などをクリアすると、晴れてカードローンを利用することができます。

 

審査基準は、銀行系、信販系、消費者金融系によってそれぞれ異なります。

 

銀行では審査がおりなくても、消費者金融系なら問題なく審査に通過するというケースもあるので、ご自身の返済能力を客観的に判断して申し込むカードローン会社を選ぶ事が大切です。

 

ただ一般的な目安としては、正社員ではない雇用形態の方は消費者金融系の方が審査に通る確率が高い傾向にあります。

 

審査において重視されると言われている項目
年齢

若くて独身であれば、自由に使えるお金が多い(可処分所得が多い)ので、返済に困窮するリスクが低いとみなされる傾向にあります。

 

逆に年齢が上がってしまうと、可処分所得の大小よりも「預金の少なさ(=お金の管理能力)」を疑われることになり、与信額の設定を低めに抑えるなどの対策を取る事もあるようです。

 

いずれにしても、貸金業者側の理想のお客さんは「独身で30代ぐらいの可処分所得の大きい人」であることは間違いありません。

 

電話番号

今では誰もが1台は持っている携帯電話ですが、その携帯の普及に伴って自宅の固定電話を持たない人が増えてきています。

 

しかし、自宅の固定電話があれば、業者側からすると「確実に連絡がとれる連絡先を持っているかどうか」は大きなポイントとなります。携帯電話しかないと審査に落ちる…という訳ではありませんが、固定電話がある方が審査に有利になるといわれています。

 

職業

この職業の人はNG!ということはありませんが、一般的に離職率の低い職業は審査に有利に働くといわれています。

 

その最たる例が公務員ですが、世間一般に多いサラリーマン(会社勤め)の人も安定しているとみなされ、反対に離職率の高い職業は審査に有利に働くことはないとされています。

 

また、勤続年数もポイントとなるので、勤続1年の人と10年の人とでは信用が大きく異なるのは言うまでもありません。

 

居住年数

持ち家だろうが、賃貸アパートだろうが、居住年数の長さは信用度に直結します。

 

業者側からすると、住所を転々と変えるリスクを恐れるので、どれだけ一定の場所に住んでいるか(=居場所を突き止め易い)というのは、審査に影響を与えるポイントとなります。

審査の裏側

カードローンの審査は、個人の信用情報によって行われるのは間違いありませんが、多くの大手カードローン会社では自動与信システムを導入しています。

 

簡単にいえば、コンピューターによって、審査結果をはじき出すシステムです。

 

これによって人件費の節約や審査時間の短縮にもなるので、私たちがカードローンを利用し易い環境整備の一つとなっています。

 

では、その自動与信システムがどのように行われるのかを解説します。

 

アナタに似た人の履歴はどうだった?

新規の申し込みがあると、今までの自社の顧客データベースと照らし合わせ、申込者と最も似通った人物像の過去の実績を参照します。それが申込者の今後の利用実績と推計されます。

 

新規申込者のAさん=Aさんと似た属性の過去の顧客Bさん

 

つまり、自分と似た属性の人物の過去の利用実績が、そのまま自分に当てはめられるという訳です。

 

仮にあなたに似た属性の人物が、過去に返済滞納を繰り返したとすれば、あなたもそうなるのでは?とみなされてしまうのです。

 

ただし審査はブラックボックス

実際のカードローン会社の審査内容や基準は、その会社が積み上げてきた実績なのでトップシークレットのブラックボックスとなっています。

 

ここまで挙げた審査の基準や内容は、あくまで「恐らくそうではないか?」と推測されているものでしかありませんので、ご了承下さい。